妊活 飲酒

妊活中は飲酒しちゃダメなの?
Line

妊活中は飲酒しちゃダメなの?


妊活中は飲酒しちゃダメ、といった事はありませんが、できるだけ飲まない方がいい、と言う事は確かです。

それは、妊娠中にアルコールを摂取すると、お腹の赤ちゃんが胎児性アルコール症候群になってしまう危険性があるからです。

妊活しているのですから、いつ妊娠してもおかしくない状態です。

そんな時、もし生理前でまだ妊娠しているのに気が付かないで、飲酒してしまったら?そう考えると怖くはありませんか?

妊娠が判明してから、飲酒した事を後悔しても、もう遅いのです。

妊活しているのであれば、キッパリと飲酒は止める、といった意志の強さも必要でしょう。

ただ、飲酒しないからストレスがたまってイライラする、といった場合には、逆効果になってしまいます。

妊活している時の飲酒で、最も問題になるのが、アルコールに依存してしまう事です。

その為、1、2杯程度の量を、妊娠の可能性が少ない生理中や生理後の低温期に飲むのであれば、飲酒も問題ないでしょう。

くれぐれも、適量を守るようにしてくださいね。

Line

妊活中は飲酒だけじゃなくタバコもダメなの?


妊活中は飲酒だけじゃなく、タバコもダメです。

タバコは飲酒と違い、適量であれば問題ない、といった事はありません。

タバコが健康に有害である事は、広く知られている事です。

妊活中だから止めましょう、と言う事でもありませんね。

また、タバコを吸う事で、卵巣の機能が低下してしまう事はご存知でしたか?

タバコを吸うと血管が縮小され、血流が悪くなります。

血流が悪くなると、十分な栄養が体全体に行き渡らなくなり、卵巣機能が低下してしまうのです。

下半身の冷えも卵巣機能を低下させますが、これも血流の悪さが原因です。

血流が悪くなれば、女性ホルモンも十分に分泌されなくなりますので、妊活にはひとつもいい事がありませんね。

自分の健康の為にはもちろんの事、早く妊娠する為に、そして健康な赤ちゃんを産む為にも、タバコはすぐに止めるようにしてください。

Line

妊活中は飲酒だけじゃなくカフェインが入っている飲み物もダメなの?


妊活中は、飲酒だけじゃなくカフェインが入っている飲み物も、止めておいた方がいいかもしれません。

カフェインには、体を冷やす作用があると言われています。

体の冷えは、妊活に悪影響ですので、できれば飲まない方がいいでしょう。

また、カフェインを含んでいるコーヒーを1日に5杯以上飲むと、不妊になってしまうリスクが45%もアップする、ともされています。

その為、少しでも早く妊娠したければ、カフェインが入っている飲み物は避けるようにしてください。

ただ、どうしてもコーヒーが止められない方もいらっしゃると思います。

最近では、カフェインが入っていないコーヒーや紅茶も存在していますので、妊活中であれば、そのような飲み物を選ぶようにすると安心ですね。

Line

inserted by FC2 system