妊活 食べ物

妊活に食べた方がいい食べ物ってある?
Line

妊活に食べた方がいい食べ物ってある?


妊活に食べた方がいい食べ物は、あります。

まず、何と言ってもたんぱく質を多く含んだ食べ物です。

人間の細胞のほとんどは、たんぱく質からできています。

その為、たんぱく質は妊活だけではなく、人間が健康に生きていくうえでも、とても重要な栄養素だと言えます。

たんぱく質を多く含んでいる食べ物としては、納豆や卵、乳製品といったものが挙げられます。

簡単に摂取できる食材ばかりですので、毎食ごとに摂り入れるといいでしょう。

その他にも、鉄分は子宮の環境を整えてくれますので、妊活にはとても適していますね。

鉄分を含んでいる食べ物には、レバーや卵黄、貝類などがあります。

植物性食品で鉄分を含んでいるものは、ひじきや海苔といった海藻類、ゴマやケシの実といった木の実、納豆、小松菜などがあります。

動物性食品の鉄分の方が体内に吸収されやすいとされていますが、カロリーが心配な方は、植物性食品から鉄分を摂取する事を考えましょう。

女性ホルモンの分泌を促す効果があるのは、亜鉛です。

カキやアサリといった貝類、数の子などの魚卵、牛肉、豆類といった食べ物に、多く含まれています。

Line

妊活に避けた方がいい食べ物ってある?


妊活に避けた方がいい食べ物は、あります。

まず、体を冷やしてしまう食べ物です。

体が冷えてしまうと、妊娠に重要な子宮や卵巣まで冷えてしまいますね。

暑いからといって、アイスばかり食べたり、冷たい飲み物を飲み過ぎたりしないようにしてください。

できれば、夏でも冷たいものではなく、常温や温かい食べ物を食べるようにしましょう。

また、甘いものを食べ過ぎるのも禁物です。

甘いものを食べ過ぎてしまうと、亜鉛の体への吸収を妨げてしまう事になります。

亜鉛が不足してしまうと、ホルモンバランスが崩れ妊活に支障が出てしまいます。

ご飯やパン、麺類といった糖質も、血糖値を急激に上昇させたり、肥満の原因となったりしてしまいますので、摂り過ぎないようにしてください。

Line

妊活には生野菜がオススメってホント?


妊活には生野菜がオススメだと言うのは、ホントです。

それは、生野菜には多くの酵素が含まれているからです。

酵素には、基礎代謝をアップさせる効果がありますので、おのずと基礎体温を上げる事ができます。

すると、子宮の状態も良くなり、着床しやすくなるのです。

ただ、生野菜は体を冷やしてしまう為、注意が必要です。

特に、レタスやキュウリといった野菜は、体を冷やす効果が高いとされています。

生野菜を食べる際には、同時に体を温める野菜や他の食べ物を食べるようにしましょう。

にんじんやかぼちゃ、大根といった根菜類の野菜は体を温める効果があります。

生姜をたっぷりと使った料理を一緒に食べる事でも、体が冷えるのを防いでくれますね。

Line

inserted by FC2 system