妊活 運動

妊活するなら運動もした方がいい?
Line

妊活するなら運動もした方がいい?


妊活するなら、運動もした方がいいでしょう。

特に、普段から運動不足だと感じている方は、是非体を動かすようにしてください。

けれど、何故妊活に運動が必要なのか、気になりますよね。

それは、運動する事によって血液の循環が良くなるからです。

女性に多いのが冷え性ですが、そのひとつの原因として挙げられているのが、血液の循環が悪い事です。

ずっと座りっぱなしのデスクワークや、同じ場所に立ちっぱなしの仕事をしていると、どうしても血の巡りが悪くなりますよね。

すると、特に下半身が冷えてしまいます。

下半身には、子宮や卵巣といった、妊娠にとても重要なパーツがある場所ですから、下半身が冷えてしまうと言う事は、妊娠する為の機能が低下してしまう事に繋がってしまうのです。

そこで、運動する事によって血液の循環を良くする事で、冷えを改善させる訳です。

また、運動する事によって筋肉が強化され、代謝もアップします。

代謝がアップすると、ホルモンバランスも崩れにくくなりますので、妊娠に適した体になる事ができるでしょう。

Line

妊活にいい運動ってある?


妊活にいい運動は、あります。

まず、妊活を目的としている運動ですから、筋肉を鍛えるような激しい運動はオススメしません。

ウォーキングやストレッチといった、自宅で簡単にできて毎日続けられる、軽い運動で全く問題ありません。

30分程度のウォーキングでも、外を歩くだけで気分転換になりますし、血行も良くなります。

大切なのは、自分が楽しんで、毎日続けられる運動を行う事です。

また、ヨガといった、ゆったりした運動もオススメですね。

深い呼吸を行う事で気分もリラックスでき、ムリなく全身の筋肉を動かすので、血流も促されます。

無事妊娠した後には、マタニティヨガとしても続けられる点も、魅力的なのではないでしょうか?

Line

運動し過ぎても妊活に影響があるってホント?


運動し過ぎても妊活に影響があると言うのは、ホントです。

妊活中は運動した方がいい、と言っておきながら、なんとなく矛盾がある話ですよね。

確かに、妊活中は運動不足にならないようにする事が、重要です。

けれど、それはあくまでも適度な運動です。

血流を良くして体温を上昇させ、ホルモンのバランスを安定させる事を目的とした運動ですから、本当に軽い運動で構わないのです。

それが、激しい運動となると、反対に妊活の妨げになる可能性があります。

激しい運動を行う事によって、体内では大量の活性酸素が発生するようになります。

この活性酸素は、体を酸化させ、老化のスピードを早める力がある事はご存知ですか?

老化が早まるのですから、当然、卵子や卵巣も同じように老化してしまいます。

つまり、妊活しているのに、体はどんどん妊娠しにくい体へと進んでしまうのです。

妊活中に運動する事はとても良い事なのですが、くれぐれも激しい運動を行う事は避けるようにしましょう。

Line

inserted by FC2 system